治療には時間がかかります|意外とわからないことが多いうつ病とは|病院に通い完治を目指そう
ドクター

意外とわからないことが多いうつ病とは|病院に通い完治を目指そう

治療には時間がかかります

男性

なまけと勘違いされやすい

うつ病とは心の風邪といわれますが、その症状は様々です。例えば朝に起きられなくなったり、電話に出られなくなったり、人ごみにいられなくなったりと、人によって症状が異なります。初めのころは、その症状が原因で周りの人からは、なまけていると勘違いされやすいのも特徴です。また自分自身でも怠けているだけではないか、体調が悪いだけではないかと感じるため、うつ病とは思いつかず、心療内科や精神科を受診せずに治るのを待とうとします。そのため、長い間うつ病とは判断できずに苦しむ人がいることも事実です。近年では心療内科も受診しやすい雰囲気の病院が増え、公共機関や企業でのうつ病相談会などが開催されるなど、うつ病に対しての理解が深まってきています。すなわち、うつ病の心配があれば早めに心療内科を受診することが望まれます。また、うつ病の治療としては投薬などが一般的ですが、民間療法としての治療法としては体を温める治療法や、背骨の歪みをとって自律神経を整える治療法なども知られています。うつ病と言っても症状も治療法も様々なため、まずはうつ病だと気がつくこと、そして自分に合った治療法を見つけることが重要です。

環境の変化や励ましは禁物

自分ではなく、自分の周りの人がうつ病にかかった時に大切なことは励ましの言葉を直接かけないことや、環境の変化を強いることは禁物です。そしてうつ病とはどんなものかを患者や家族が理解することによって患者は安心でき、治療に専念することが出来ます。またうつ病とは決して恥ずかしい病気ではなく、誰でもかかる病気であるという認識を持つことも大切です。この認識を持つことによって、うつ病であることを周囲に話せるようになります。周囲に無理にうつ病とは話すことは必要ありませんが、環境や病状によっては周囲に話しておかないと怠けているだけと勘違いされ、自分自身をますます追い込むことになりかねません。うつ病であると周囲に理解してもらえるだけでも安心感が得られる場合も多いため、普段から何でも話しやすい周囲との関係や環境を築いておくことも大切です。ともかく、うつ病になった人はこんな病気になるのは自分だけだと思わないこと、うつ病になった人が身近にいる人は誰にでもなる可能性のある病気だと認識すること、頑張れなどと声かけしないことが完治への近道となります。また、精神科や心療内科には優秀なカウンセラーが在籍していますが、そのカウンセラーが自分と相性がいいとは限りません。カウンセリングでは自分のプライベートな悩みも打ち明けることがあるので、医師と信頼関係を保てるかが重要になります。そのため、事前にクリニックのHPや口コミサイトを確認するなどして、クリニックの情報を集めておくようにしましょう。

Copyright © 2016 意外とわからないことが多いうつ病とは|病院に通い完治を目指そう All Rights Reserved.