うつ病を発症する原因|意外とわからないことが多いうつ病とは|病院に通い完治を目指そう
ドクター

意外とわからないことが多いうつ病とは|病院に通い完治を目指そう

うつ病を発症する原因

病院

うつ病とは、日本人の15人に1人が一生のうちにかかるかも知れないと言われている病気のことです。ですから、誰がうつ病にかかってもおかしくはありません。私たちにとっても身近な病気であり、心の風邪とも呼ばれています。なぜ、心の風邪と言われるのかと言うと、うつ病の様々な症状が、風邪の症状と類似している点があるからです。しかし、うつ病の症状は十人十色と言われており、うつ病と診断されても全ての人が同じ症状が出るわけではありません。ですから、うつの人に接する際のマニュアルみたいなものはないのです。次にうつ病の主な症状としては、腹痛や頭痛などが発症します。身体に痛みなどが出るのですが、この原因は身体にあるわけではなく、脳に原因があると言われています。次にうつ病とは、脳内でセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンの神経伝達が減少した状態になります。本来はこれらがバランスよく分泌されることによって、やる気などの意欲や気分の高揚などを活発に働かせる効果があります。しかし、分泌が減ることにより不安や食欲、意欲などが低下してしまうのです。

心の風邪と言われるうつ病ですが、うつ病にかかる多くの人は、他人に自分をよく見せようと見栄を張る、自分の弱みを見せたくないなどを続けているうちに、それがストレスになってしまい、心が疲れる状態になり、その結果体調が悪くなります。風邪などの場合は放置していても治ることはありますが、うつの場合は放置してしまうと逆に悪化させることになるので注意が必要となります。しかし、きちんと治療を受ければ、症状は改善させることも可能です。しかし、本人、家族がうつ病とは気がつかず、発症していても今まで通りに頑張ってしまうと、改善に時間がかかってしまいます。ですから、まずは頑張らないことが必要であり、自分のペースで治療を進め、ゆっくりと回復させることも大切なことになります。うつ病とは、症状がよくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。完治するまでには最低3ヶ月は必要とも言われています。ですから周りの協力も必要となる病気でもあります。心療内科で医師と相談し、抗うつ剤の服用と十分な睡眠や休養、バランスの良い食事を心がけ、自分は怠けているのではない、病気なんだと言う気持ちで治療に専念することも大切です。

Copyright © 2016 意外とわからないことが多いうつ病とは|病院に通い完治を目指そう All Rights Reserved.