まじめな人ほど鬱になる!?

意外とわからないことが多いうつ病とは|病院に通い完治を目指そう

症状に合わせた治療法

英語が書かれた紙

うつ病とは精神的にうつ症状が継続して続き、肉体的にも様々な影響を及ぼす可能性のある精神病の一種です。症状にあった治療を行うことで感情をコントロールすることが出来るようになり、うつの症状も段々と改善させることが可能です。

もっと読む

うつ病を治すためには

メンズ

うつ病とはどういう病気かといった疑問は、診察時に医師に確認しておくことが大切です。質問事例をプリントして持参することで、聞き忘れが少なくなります。うつ病は、再発を防ぐことが一つの課題です。断薬は医師の指導の下で進めていきます。

もっと読む

気分が落ち込む病気なので

ナース

近年患者数も増加傾向にあるうつ病とは、誰しもが発症する可能性のある病気です。その原因にはストレスや精神的な疲労などが大きく関係しています。社会問題にもなっているために社会全体での対策が叫ばれています。

もっと読む

うつ病と向き合う

カウンセリング

誰でもなり得るうつ病

うつ病とは、心と体の両方に症状が現れる病気です。症状が多岐にわたりますので、酷くなるまで自分がうつ病とは気付かないケースもあります。精神的な症状で言うと、不安や悲しみや焦りを感じたり、何をしてもやる気が出なかったりします。また、いつもよりも頭が回らなくなり、一日のうちでも気分が大きく変化することもあります。身体的な症状では、よく眠れなくなったり食欲が落ちたり胃腸の調子を落とすことがあります。また、眼精疲労や難聴、めまいなどがあらわれれるケースもあります。最近では仮面うつ病という病も出てきており、この病では精神的な症状はほとんど見られず、身体的な症状が強く出ます。やはり強いストレスを受けることが関係していますので、そのストレス自体が取り除かれれば自然に良くなる可能性もあります。その他にも産後うつや冬季うつ等、ある一定の時期や季節にだけなりやすい類のものもあります。産後うつはホルモンバランスの乱れが原因であり、冬季うつは浴びる日差しの量が減少することが主要因です。

心と体の症状

うつ病とは、自分でも訳が分からないまま気分が落ち込んだりやる気が出なかったりして苦しい状態が長く続くことです。2週間以上続くなら注意が必要であり、気の持ちようでどうにかできる類のものではありませんので、きちんと受診しなければなりません。受診する場合、やはり精神科のハードルは高いというのが共通の認識です。最近では雰囲気のオープンな精神科も増えていますが、初めて受診する場合には心療内科を選択することが多いようです。心療内科はうつ病とは無関係のちょっとした不調を感じた時でも気軽に通えるような雰囲気がありますので、利用しやすいと人気が高くなっています。人気のある心療内科を利用する場合、気をつけなければならないのが待ち時間です。ほとんどが予約の形式をとっていますのでその時間に行けばスムーズに診てもらえそうですが、中には時間をオーバーしてしまう患者さんもいますので、遅い時間になればなるほど待つ可能性があります。体調が思わしくなくて待つのも困難という場合には、事情を話して通いやすい時間帯にしてもらう等の工夫をする必要があります。症状が軽度の場合には心療内科でも良くなりますので、早めに受診することが大切です。どの程度の症状か判別がつかない場合には、やはり心療内科と精神科の両方の看板を掲げている所を利用した方が安心です。

うつ病を発症する原因

病院

脳内の神経伝達に異常が発生し、ドーパミンなどが発生しなくなると様々な面で意欲が後退していきます。うつ病とは放置することで、さらに悪化する心の風邪であるため治療を受けることが大切になります。その対策として、心療内科の医師は抗うつ剤を処方してくれたり、規則正しい生活をアドバイスしてくれるでしょう。

もっと読む

治療には時間がかかります

男性

うつ病とは病状も様々であり、自分自身でも家族でも、周囲でもうつ病と気がつきにくい病気です。気になる症状がある時には早めに心療内科などを受診すること、うつ病と判断された場合は早めに自分にあった治療法を見つけることが完治への近道となります。

もっと読む

Copyright © 2016 意外とわからないことが多いうつ病とは|病院に通い完治を目指そう All Rights Reserved.